更新予告

その他
02 /17 2020
――― 更新予告 ―――――

 次回は、改憲議論に関し、他国が幾度も改憲を重ねる一方で、日本国憲法が制憲後70年以上一度も改憲されていないことの是非について論じます。

 日本国憲法は制憲後70年以上、約3/4世紀にわたって一度も改憲を経験していません。その間に、世界は朝鮮戦争から冷戦を経て、テロとの戦い、そしてロシア・中国の台頭へと遷移し、その様相は一変しました。しかしその間も日本国憲法はその在り方を変えず現在に至っています。こうした時の経過を経て、日本国憲法が実現すべきと要請する人間の普遍的価値もまた新しい段階へと進み改憲の機は熟したのか否か、また、この間にも多くの国で憲法が改正されていることを評価すべきか、イギリス憲法、アメリカ憲法、フランス憲法、ドイツ憲法との比較を中心に論を進めます。

―――――――――――――
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

椎央権太

日本国憲法の意味と真価を記録しておきたいと思い執筆しています。護憲的な記述が多く見えますが、不動の護憲派というわけではありません。憲法とは如何なるもので、改めるべき時宜はいつなのかということを書き残せればと思っています。