世界平和の為に日本人への願い

覚え書き
05 /23 2019
 自衛隊を憲法上の存在に位置付けてその存在と活動における違憲論を排除しようという動きが一層加速している。与党全体がその方向に傾斜しているというわけでもないようであるが、しかし大方の趨勢としてはやはり「自衛隊合憲化」と9条の修正が目指されているというべきであろう。

 わが日本国憲法は間違いなく戦後70余年で最大の岐路に立たされているといって過言でない。最近では衆議院議員が領土問題の解決の為に「戦争」の語句を用いるに至ったほどだ。個人的には、その発言は憲法99条の「公務員の憲法尊重擁護義務違反であるから即刻辞任すべき」と考えるが、ひとまず事態の成り行きを見守る他どうしようもないのがもどかしい。

 今、我々は戦後享受してきた平和を、子々孫々に継受するために如何なる選択をすべきなのであろうか?
 中国、ロシア、北朝鮮は無論のこと、広い意味で日本と同盟関係にあると言ってよい米国やヨーロッパ等の連合国側陣営でさえでさえ、世界全体としては日本が再軍備化に傾倒して、その豊富な経済力を背景に軍備を充実させ、東アジア地域において台頭することに潜在的な危機感を抱いていることは確かである。国連憲章の旧敵国条項がもはや無効であるとされてはいながらも、その条項が憲章から削除されないことがその事実を端的に物語っている。

 従ってわが国が、周辺地域や安全保障環境の変動に動揺して戦後の初心と決意を忘れて防衛力強化に走れば、わが国の安全保障は盤石になるどころかむしろ他国の疑心と警戒心を煽り、これまで以上に過激な挑発と威嚇を惹起することは間違いないであろう。9条を堅持し、非軍事の安全保障体制を貫徹することこそ、日本の平和と安全の保守に資するのである。

 中国には間違いなく世界覇権に向けた野心がある。ロシアも同様であり、しかも彼らはそれを隠そうともしない。しかし、わが国はそれに踊らされるべきではない。むしろ静かにじっと構えて、経済的側面から中国との関係を調整すべきである。とにかくも中露の動向に焦燥して対応を誤り、相手の警戒感を一層強化する愚策だけはなんとしてもさけなければならない。国際平和を前提とした、近現代的な仕方を超越するような新しい経済連携の仕組みはきっとある。それは既存の資本主義とも共産主義とも異なるものかもしれないし、発見の為に膨大な時間と試行錯誤を要するかもしれない。しかし、我々が皆「地球人類である」という連帯感と同胞観を抱くことさえできれば、その先には必ず新しい途が見えてくるものと確信する。驚異的な勢いで発展を遂げる科学技術の進歩が風穴となるかもしれない。日本人よ、怯えるな。われらの戦後の決意は確実に正しく、誉れ高い。卑下することなく誇らしくあれ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

椎央権太

日本国憲法の意味と真価を記録しておきたいと思い執筆しています。護憲的な記述が多く見えますが、不動の護憲派というわけではありません。憲法とは如何なるもので、改めるべき時宜はいつなのかということを書き残せればと思っています。