改憲議論1 日本国憲法時代遅れ説、または新時代適応憲法制定説に関する考察

憲法概論
08 /28 2019
 憲法改正議論ということになると真っ先に主張されるのが、「制憲後70余年を経た日本国憲法はその後の時代の変化に対して必ずしも適合しなくなってきたから改憲をすべきだ」とか、「令和という新時代を迎え、新時代にふさわしい新憲法を日本人自身の手によって制定すべきだ」という主張である。

 なるほど、確かに一般的には説得の力のある主張に一見思える。70余年という時間経過は実に3/4世紀に及ぶ期間であるし、特に最近20年は情報技術と交通手段の分野における劇的な技術革新によって、時空の長短・遠近という要素に人・物・金の移動の制限は大きく低下し、日本国憲法制定時とは国際社会を含めた周辺環境全体が大きな変化を生じたことは間違いない。また、世界中を席巻したグローバリズムの趨勢によって、その傾向は一層加速していった。そのような状況において、70余年前に制定された憲法が次代の変化に対応しきれていないと素朴に直観することは無理からぬところである。

 しかし、こうした時代の変化の中で、日本国憲法は本当に経年劣化を生じたのであろうか?また、昭和、平成を経て令和という新しい時代に我が国が歩みを進めたという事実は、改憲を後押しする原動力たり得るのか?これらについて考察を試みたく思うが、これを為すのは容易ではない。というのも、当該課題を検討するには、憲法史を含む憲法学の観点から憲法を眺める必要があり、更には、立憲主義が何たるかを知る必要があるからである。

 さて、「憲法とは何か?」或いは「立憲主義とは何か?」と問われた時、その問いに答えることはできるであろうか?

続きを読む

スポンサーサイト



改憲議論の整理

憲法概論
08 /22 2019
 3カ月の入院中治療中に書き溜めた原稿のほぼすべてをこちらのブログに書き写したので、これからは本ブログの本来の目的である改憲議論へと話を進めたく思う。

 過日の参議院選挙によって与党自民党が10議席程度減らし、連立を組む公明党が憲法改正について距離を取ったため少しトーンダウンした感はあるものの、今もってなお日本国憲法が制憲(改憲)時から最大の岐路に立たされていることには依然違いが無い。従って、現在展開されている改憲議論を整理した上で、各論に対する私的見解を順次述べることとしよう。

続きを読む

犯罪と就職氷河期の相関関係について

所感雑感
08 /19 2019
 他人を巻き込んでの拡大自殺、親の子殺し、子の親殺し、近時目を覆いたくなるような凶行が後を絶たない。よくよくこれらの事件について見聞すると、ある共通点気付く。無論、いずれも非常極悪で、倫理的にも法的にも強要され得るものではないということは言うまでもないことだが、それ以外にも注目すべき共通点がある。

続きを読む

自由と平等の弁証法的理解

所感雑感
08 /16 2019
 私的領域と公的領域を如何に線引きすれば自由と平等は両立するのか。自由は私的領域と親和性があり、平等は公的領域と親和性がある。蓋し、自由とは個人の選択の問題であり、平等はその選択の機会及び結果が社会において如何に顕現するかの問題である。その意味で両社は対概念、ないしは定立、反定立にあると考えることができる。そして私は、両者が止揚するとき、公正な幸福の実現が齎されると考える。

 経験は人生の特に節目において大きな影響を及ぼすが、常に人をより善い選択へと導く保障はない。人間存在は自己に属する自由を自律的に統御し、より善くあろうという意思を絶え間なく持ち続けることによってはじめて、自己の望むままに幸福を追求することができる。しかし、人間社会においては、しばしば自由は相互に対立・衝突する。そのため自由を制限して平等に享受する仕組みが要請される。

 各人が自己の能力に適応した自由を、平等に享受することではじめて個々人が生来的に備える可能性の翼を思うままに広げることができるのである。すなわち、自由をより善き方向へと引き絞る(これを私は自由率と呼ぶ)とき、幸福への道は開かれるのである。

経済力からの自由

所感雑感
08 /15 2019
 「経済力からの自由」ということはかんがえられないか?
 将来の不確実性とは、要するに生存中の生活費を必要十分に確保できるか否かが現時点で不明であるという点に集約される。従って、経済的平等が、ナショナル・ミニマムの確立やベーシック・インカムの導入など、何らかの形で実現されれば我々人間存在は経済力の軛から解放され、有限の時間のより多くの部分をを自己実現の為に割くことができるようになるであろう。

 自己実現に失敗し、自己肯定感を確立できないほど悲しい人生はない。如何なる在り方であれ、「生きていてよかった」と思える人生を送れること、そして、あらゆる恐怖と欠乏を免れることこそが幸福である。全ての人に在るのは、価値ではなく意味である。意味ある生を生きること、それが出来なければ、人間存在それ自体の否定となるであろう。

貧困と犯罪について

所感雑感
08 /15 2019
 貧困を犯罪の言い訳にしてはいけない。如何に貧しくとも、それは犯罪を正当化する理由とはならないのである。しかし、他方で貧困は必ず犯罪の温床となる。故に、犯罪を未然に抑止しようと考えるのであれば、貧困を撲滅することが肝要である。

 犯罪行為それ自体や犯罪者を糾弾するのは容易い。だが、社会が為すべきことは、なぜその者が犯罪へと誘われたのか、犯罪という選択をせずにはおれなかったのか、その理由はその犯罪者個人の問題のみに帰せられるのか、加えて同様の犯罪の再発を防ぐために社会全体として何ができるのか、それを考えなければ犯罪をなくすることは決してできない。

 貧困が犯罪を生むという事を決して忘れてはならない。それは社会的病理であると把捉すべきである。

現代国家の現代国家たる所以

憲法概論
08 /14 2019
 現代的な主権国家は、法の支配、または(実質的)法治主義に基づき、憲法を頂点とする法体系の下に運営されている。その最たる特徴は法の下の平等と事理救済禁止の徹底である。当該構造の完成とその全き運用によって、主権国家の内部における秩序は維持され、誰一人として法律の枠を外れたの利害を被ることも、私的防衛の義務を自ら負うことなく生活を営むことが可能となる。

 すなわち、現代国家を現代国家たらしめている最大の要素こそ、法の下の平等と自力救済の禁止なのである。

実質的平等実現の要請

所感雑感
08 /14 2019
 経験を経て学習し、より善くあろうとする意思を磨く、その反復によって人はより善く仕上げられていく。人間存在には自己実現の段階と自己破滅の段階の両面があり、自己破滅の段階が深まる程、他者への同情心、協調性を失い、終には自己の存在意義をも全く失うことになる。

続きを読む

22世紀を見据えて

憲法概論
08 /13 2019
 主権とは、自らの在り方を自律的に決定する自由であり、権力とは、社会という場においてその自由を統御するための構造体である。ではなぜ社会は権力を必要とするのか。それは無制約の自由と原始的な道徳規範のみでは、社会における個々人間の相互関係を調整しきれず、社会的共生を前提としたより善い選択を妨げ、自由の名のもとに社会を瓦解させる虞があるからである。

続きを読む

社会契約の二重構造性

憲法概論
08 /12 2019
 主権(その国の在り方を最終的に決める権威ないし力)は本質的にはその国家の人民たる個々人に付属しており、自律的自由に行使し得るべき性質のものであるが、各人が手前勝手に自由を行使するならば、社会的な調和は困難を極め、また鋭く対立するにまで及ぶときには、実力による自力救済に依存するより外なく、実力による支配を容易に許すことになる。 

 しかし、我々は実力によって優劣を決するしかない諸動物とは明確に一線を画する存在であり、道徳的直観や他者に対する同情や推定といった固有の能力を備えている。よって、個々人間における自由の水平的互譲と、権威の垂直的委譲という社会的枠組みを構築して法を定めることを通して、諸問題を解決するとともに、より善くあるべき姿を追求し、もって社会的動物として生存を維持するのである。

 それを現実のものとするためにも、全世界的規模で、社会の行為主体たる主権国家及びその国民が水平的に自由を互譲するとともに、主権の最高性をも超越して世界秩序の維持・管理をする機構に主権の一部を委譲するという二重の構造を築かなければならないであろう。すなわち、民主的な過程を経た世界政府の樹立こそが、その処方となることはおそらくあるまい。

 今という時代において必要なのは、バラン・オブ・パワーの発想による自国国家の保身ではなく、全世界的な規模による民主的統治機構を現実のものとすることである。

続きを読む

労働と富の再分配について

所感雑感
08 /12 2019
 労働は、人類が生存を維持する上で欠くことの出来ない要素である。労働によって、生存、及び生活維持に必要なものを産み出すというのみならず、労働は付加価値を創出して富の源泉となる。そして、その富は徴税という制度を通して国家の所得となり、社会保障、教育、防衛、防災等、主権国家には不可欠の領野における資金となる。このようにして我々は国家という枠組みの中で生活を営むことが可能になるのであるから、人生と労働を切離することは、自分一代ではとても使いきれないほどの遺産を相続するといったような例外的な幸運に恵まれない限り(もっともその遺産も誰かの労働の産物であるが)、不可能である。

 聖書は言う。労働は人々の現在に対する罰であると。聖書を信仰するか否かに関わらず、人が原則的に労働の必要から逃れられないことは事実である。しかし、科学技術は目覚ましく発達し、社会構造が複雑化した今日にあっては、労働についても、その難度、もしくは負荷に応じた多様性が生じることとなった。そして、より高度で難しい労働をこなし、より多くの多くの付加価値を創出した者は多くの分配を受け、そうでないものの分配は小さくなるという市場原理が定着し、これは当然の帰結であるとして広く定着している。そしてここには競争原理が自然的に加味され、より多くの付加価値を生み出すことに成功すれば勝者となり、付加価値の創出の程度が小さい者は敗者となる。

続きを読む

多様な選択肢を認めることと、その結果責任の所在

所感雑感
08 /11 2019
 多様性と選択の自由を声高に叫ぶのであれば、国家はそれを実現可能にする政策を準備すべきであり、その責任を国民の自己責任に転嫁してはならない。そもそも、国民を父権的に支持、擁護するのが国家の努めであり、それを為し得ない国家など、国民たる人々にとっては無用の長物である。

人間と原罪

所感雑感
08 /11 2019
 人間は裸であることを恥じとし、衣服を身に纏う。人間の外には、いかに賢い動物であっても決してそうすることはない。「楽園で蛇にそそのかされて知恵の実を食べ知恵を得たこと」は人間の可能性を拡げるとともに、様々な制約の原因ともなった。知恵がなければ人間はもっと自然的な意味で幸福であったであろう。なぜなら、自己実現や幸福追求等といった事柄に心煩わせられることなく、生それ自体を謳歌することができたはずだからである。

 聖書は、人々が知恵を得たことがあらゆる罪の大元たる原罪であると説くが、その正しさに震撼する。しかし、もはや我々に後戻りは許されない。知恵を駆使して自由を守り、平等を実現するより外にないのである。

社会契約の本質について-誰と誰の契約であるのか-

憲法概論
08 /10 2019
 国家が先か、人民が先かは、鶏と卵の関係に等しい。

 確かに、誰が国民であるかを確定し、人権を賦与(人権は自然的に賦与されると擬制されているが実際は憲法によってはじめて輪郭を与えられる)・保障する政府がいなければ、国民は人権を手にできない。その一方で、そもそも国民が存在しないのであれば、政府を構築する意味を失う。人々の間で行われる水平的な自然的人権の互譲を垂直方向に転換したもの、それこそが社会契約ということになるである。

 すなわち、社会契約は、国民と国家との間に締結される垂直的契約であると同時に、社会において国民間で締結される水平的契約としての側面も持つというのがその本質である。そして、その水平的契約の中には、相手の人権の毀損を回避すべく一定程度相互に抑制し合うべきという原理が包含される。蓋し、社会契約を国民と国家の関係のみで把捉しようとすると、なぜ国民相互間において人権の抑制と互譲が要請されるのか、その意味が曖昧となってしまうのだ。

 従って、社会契約は国民と国家という垂直的関係と、国民相互間という水平的関係との2軸で捉えられるべき概念である。

人生の予測不能性と経験

所感雑感
08 /10 2019
 善行が必ず利得と幸運を齎すとは限らず、悪行が必ずしも懲罰と不運を被るとは限らない。即ち、とある行為については、それが善行であるか悪行であるかの如何を問わず、その行為が齎す結果は我々人間にとっては完全に予測不能なのである。しかし、人間は経験から学ぶという知恵を持つ。

続きを読む

幸福の定義

所感雑感
08 /08 2019
 幸福とは、恐怖と欠乏を免れて、個人の特性と可能性に基づき、自律的に自己実現を為し得ることであろうと思う。自己実現の失敗は、その人から尊厳を奪い、自暴自棄へと向かわせ、他者への、或いは自己への攻撃性を育むこととなる。よって、個人間の衝突とは、要するに自己実現の成否の衝突であり、自己実現に失敗した者は生を得たことの意味すらも失いかねないが、そのようなことは自由・平等を建前とする現代社会においては決して受容されるべきではない。
 従って、個々人が各人に備わる固有の能力と可能性、及びそれを引き出すための努力に応じて、いついかなるときでも、自由、平等かつ公正に自己実現を為し得る機会を獲得できできるような社会を構築しなければなるまい。

世界政府の必要性

国際法
08 /08 2019
 大量に生産し、大量に消費することが本当に幸福な状態であるといえるのか。誰もが思うままに大量消費できるようになれるとして、それで本当に「幸福な」平等が実現されたといえるのか。考える余地はまだある。持続可能な社会を実現するという概念と、資源および富の平等な再配分または再分配という概念は、地球資源の有限性を考慮に入れた途端、たちまち問題性を先鋭化させる。

続きを読む

公共財の配分と富の再分配による格差是正の可能性に係る考察

憲法概論
08 /07 2019
 人間が享楽に身を任せて生きることそれ自体は悪いことではない。あらゆる個人には自由があり(経済的な)能力の許す限りにおいて思いのままに人生を謳歌することが許される。しかし、他人の自由を侵害し、或いは社会的な安定を損なうような行動は慎まなければならない。すなわち、自由があるからといって何をしてもよいわけではなく、他人の自由を自己の自由と同様に尊重し、社会的な秩序を乱さぬよう自律的に自由を統御する義務を負っていると言うべきである。

続きを読む

国際社会における日本の立場

憲法概論
08 /06 2019
 現在の国際社会において、日本のことを「平和を志向する国際的な友好国家である」と疑いなく確信しているのは日本人だけである。一部の先進国(主にOECD加盟国)を除けば、我が国のことを、帝国主義的野心の芽が依然として完全には潰えていない、かつての大日本帝国と同質の国家であると見做している国や地域が決して少なくないことを我々は知るべきである。

続きを読む

貧困と教育の貧困の負の連鎖

所感雑感
08 /06 2019
 貧困は教育の貧困に繋がり、教育の貧困は次の貧困へと繋がる。このように貧困には連鎖、或いは遺伝する構造上の仕組みが備わっており、その鎖を断ち切るためには父権的介入さえ辞すべきではないのである。

続きを読む

公共インフラの使用量に応じた実質的平等の実現

所感雑感
08 /05 2019
 公共の社会資源や生活インフラは、国民の労働とそれが生み出す付加価値に基づいて算出され支払われる税金によって整備され、維持管理されるものである。これらの資源やインフラの利用可能性は本来平等であるべきであるが、行為主体の活動規模の大小によってその使用量や頻度が区々である方がむしろ通常である。即ち、活動規模の大きな主体(大企業等)はより多くの資源を利用し、活動範囲が小さく制限的な個人の消費量は自ずから小さく抑えられる。

続きを読む

近代の失敗と価値相対主義

覚え書き
08 /05 2019
 人間存在を極端なまでに普遍化し、個性や個人の特殊性を捨象して、抽象的客観的な機会の平等を目指すあまり、かえって不合理な不平等を拡大してしまったことが近代の失敗であるとするならば、その反省から個人の特殊性や固有の特質を尊重しすぎるあまりに、何が正しく、何が不正であるのかの基準が徹底的に相対化され、公共(社会)における善悪好嫌の基準が判然としなくなってしまうという価値相対主義の檻に囚われてしまったことが現代という時代の抱える病理であるといってよかろう。

続きを読む

なぜ自ら死を選択してはならないのか

所感雑感
08 /04 2019
 「なぜ自ら死を選択してはならないのか?」、「生以上の価値観を知覚できる人間には、尊厳の為に自律的な死も許されるべきではないか?」と問われたならば、果たしてどう応答するのが適当であろうか。

続きを読む

個人の自由と公共の福祉の両立に関する考察

憲法概論
08 /04 2019
 個人の自由と公共の福祉。そのいずれを優先させるべきか、これは難問である。市場原理の支配する純然たる競争社会においては、競争力に劣る個人(精神・知的・身体障害等を負う者や、保護者の保護下にない未成熟子)は、極めて困難な立場に追い込まれ、強者からの欺罔や侵奪の餌食となって、自己実現を阻まれてしまう。しかし、いかような条件の下に生を受けようとも、人間である以上、その人生を全うし、持てる限りの可能性の翼を羽ばたかせて自律的に自己実現を成し遂げる権利を有している。何人たりとも、彼らから他律的に自己実現の自由とその可能性を奪うことはできないのである。

続きを読む

出生地と貧富に係る考察

所感雑感
08 /03 2019
 日本や欧米諸国で出生したからより多くの富の分配に与り、アフリカや中南米諸国に出生したために逃れ得ない貧困に囚われるという事実を是認する必然性は全くない。出生した時代における歴史的発展具合の影響については致し方ない面があるが、出生した場所という本人の意思では如何ともし難い要素によって不平等を強いられるのはこれ当に不公正である。

続きを読む

人類と他の動物との差異-社会的自殺と私的自殺-

憲法概論
08 /03 2019
 人間は社会的動物である、という事実を否定する者はまずあるまい。生後間もない乳飲子が、親または保護者の庇護なしには生存すらままならないことひとつをとっても、その事実は明らかとなる。そしてそこには乳飲子と保護者という人的関係、即ち社会的関係が見出されるわけである。
 他方、人間以外にも社会的関係を構築して生活を営む動物は、昆虫から霊長類に至るまで、多種多様に存在する。蜂や蟻、サバンナで群れをなす獣類や類人猿がその好例であろう。では、これらの動物種が形成する社会的関係と、人間のそれとは如何なる点で異なるのか?

続きを読む

法と道徳に関する試考

所感雑感
08 /02 2019
 法と道徳の関係は、古くから議論され、今もなおその議論が尽きることのない古くて新しい問題である。
 法も道徳のそのいずれも、人がより善く生きるための道標となるべき規範であり、その意味では両者は一部重畳的に外延を接しているか、或いは通底している。しかし、両者は全く同一の概念というわけではなく、区別を要するものである。
 では、法と道徳はそのような点で異なるのか。また法は、何をもって自らを権威であると主張するのであろうか?

続きを読む

何故に社会において人間の自由は内在的に制約されるのか

憲法概論
08 /01 2019
 全き神が真理の中心に在るが如く、個人は世界の中心に位置する。そして、神が万能の業を用いて世界を創造したのと同様に、人はその認識能力を駆使して客観たる世界を認知するのである。即ち、真理が神のものであるならば、世界は主観たる個人のものなのである。

続きを読む

椎央権太

日本国憲法の意味と真価を記録しておきたいと思い執筆しています。護憲的な記述が多く見えますが、不動の護憲派というわけではありません。憲法とは如何なるもので、改めるべき時宜はいつなのかということを書き残せればと思っています。